Z-CoiL:米国専門処方(RX)シューズ

米国医者処方 筋骨格系 リハビリ、治療 専門RXシューズZ-CoiL 機能性、医療靴を35年間研究、開発、生産、処方しました。 専門RXシューズZ-CoiLは米国医療保険対象靴です。 米国整形外科医者が足、脚、膝、腰疾患の患者に処方します。 尚、長時間立ち仕事、歩き仕事の人に処方しています。 20年間一千万足以上処方されたリハビリ、治療専門靴です。ホームページ: http://www.zcoil.jp  LINEでお気軽にお問い合わせください。 LINE ID : zcoil

「腰椎椎間板ヘルニア」パソコン前で座りっぱなしの生活でも腰椎椎間板ヘルニアを完治した体験談

<腰椎椎間板ヘルニア、脊柱疾患、腰の痛み、脚の痺れ、症状、痛み、予防、治療、完治、歩く運動、リハビリ運動、腰の筋肉強化運動、RX歩き運動、Z-CoiL運動靴、リハビリ運動治療、Z-CoiL靴、スプリングシューズ>

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

 

 

 

         人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 


人の体は病気になると治療しないといけません。治療をして終わることもありますが、ほとんどは治療をした後には着実に管理して行かないといけません。特に腰椎椎間板ヘルニアがそうです。



腰椎椎間板ヘルニアで施術、手術をする場合は、最後の手段です。腰椎椎間板ヘルニアにより、排便障害がある場合、腰椎椎間板ヘルニアの施術や手術を検討することが、医療先進国の一般的な医療常識です。全体の腰椎椎間板ヘルニア患者の約5%程度のみが施術、手術を必要とします。つまり、腰椎椎間板ヘルニアの患者の95%は、簡単で後遺症のない運動管理だけで十分好転することができます。



今日は腰椎椎間板ヘルニアによる脚の痛みに苦しんで、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履き、腰椎椎間板ヘルニアが好転した30代のPater様が登録店に訪れてくださいました。

お客様は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を立って働いている時だけ履いていました。米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履くと、徐々に腰椎椎間板ヘルニアによる脚の痛みが減りました。米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履き、腰椎椎間板ヘルニアが良くなったことに全体的に満足ましたが、まだ少しの腰の痛みが残っていました。お客様は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を勤務中にのみ履いていたので、腰の痛みが残っていると思いました。それで通勤中や外出時に履く米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を再購入するために訪問してくれました。



訪問してくださったお客様に、まだ腰の痛みが残っているという話を聞いて質問をしました。働く環境や、趣味、普段の姿勢などについて尋ねてみました。お客様は、勤務時間外には自宅でパソコンを使うことが多いそうでした。お客様は、一日に3〜4時間をパソコンの前で過ごしていました。



パソコンをすると、長時間椅子に座っているようになります。いくら楽な椅子に座っていても、長時間座っていると、体が不便に感じられます。それでますます姿勢が崩れ、悪くなります。背中が曲がったり、お尻の前に傾く姿勢は、腰に加わる圧力を高めます。いくら腰椎椎間板ヘルニアの治療をしても、腰椎椎間板に良くない姿勢をとったり、強い衝撃を与えるとまた痛くなってしまいます。



お客様は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履き、仕事中に腰椎椎間板ヘルニアに加わる衝撃を軽減させることで腰椎椎間板ヘルニアによる脚の痛みが好転しました。しかし、長時間パソコンをする日が積み重なり、腰の痛みが消えませんでした。



米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は椎間板に加わる衝撃を減らし、筋力を強化し、姿勢を正しく治してくれます。米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は腰椎椎間板ヘルニアを治すことが出来ます。しかし、靴を履く人が続けて腰椎椎間板に衝撃を与えていたら、すべてが元通りになってしまいます。



椅子に座っている時間が長い場合、とりあえずはいい椅子でなければなりません。椅子の座板は後ろの方がやや低い物をお勧めします。椅子の背もたれは後方に15度位傾いたことをお勧めします。椅子の高さがあまりに高いと、膝が仙骨の高さより低くなり、椅子から滑る姿勢になります。滑る姿勢になると、腰が負担になります。椅子の高さが高すぎる場合、足代を使用することをお勧めします。足代を使用し、膝を仙骨の高さよりは少し高くした方がいいです。

椅子に座る姿勢も重要です。椅子の端にまたぐよりは椅子の深めに座って、腰を背もたれに密着させて、胸を張って座ることをお勧めします。



お客様は、パソコンをする途中にストレッチで体をほぐし、姿勢を正しくすることに気を付ける事にしました。歩きやすいお出かけ用の靴も一緒に再購入しました。

 

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)のマニア、グーグル共同設立者セルゲイ・ブリン、映画俳優のダスティン・ホフマン、ヘレナボンヘムカーター、シャーリーメククルレイン、リリィ・トムリン>

 

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?筋骨格系疾患の原因になり、筋骨格系疾患の治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

【脊椎管狭窄症、足底筋膜炎、変形性膝関節症、腰椎椎間板ヘルニア、米国専門処方RXシューズジィーコイル 体験談86】

人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

f:id:Z-CoiL:20200414124605j:plain

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

youtu.be

体験談1.

足底筋膜炎とアキレス腱炎があります。

普通のシューズは履くと足が痛いので、履けられません。

専門処方シューズジィーコイルを履くしかありません。

専門処方シューズジィーコイルを履くと足が痛くないので、他の選択肢はありません。

足底筋膜炎とアキレス腱炎のせいでまともに歩けませんでした。

どんなに苦しかったのか普通の人は想像もできないでしょう。

もし足底筋膜炎とアキレス腱炎がおありなら騙しだと思って履いてみてください。

絶対ハマります。

体験談2.

腰椎椎間板ヘルニア初期の場合、運動治療を勧めます。

しかし、腰が痛く、放散痛もあるのにいったいどんな運動をすればいいか戸惑います。

こんな場合、米国専門処方ジィーコイルシューズの出番だと思います。

スプリングクッションが腰への負担を減らし、尚、起立筋を強化させ、腰椎椎間板ヘルニアが再発することを事前に防いでくれます。

さらに最もいいのが難しい運動ではなく、歩くだけで運動治療ができるということでしょ。

腰椎椎間板ヘルニアだけではなく、脊椎管狭窄症など腰に関する病気の場合、米国専門処方ジィーコイルシューズの運動治療が最も手っ取り早いと思いますね。

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?腰椎椎間板ヘルニアの原因になり、腰椎椎間板ヘルニアの治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

腰椎椎間板ヘルニアですが、脊椎の骨を押すと痛いです。 何故ですか。

<腰椎椎間板ヘルニア 薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

 

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

<質問、Question>

腰椎椎間板ヘルニアですが、脊椎の骨を押すと痛いです。
何故ですか。

 

<回答、Answer>

人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

脊椎の骨を押すと痛い理由は中に炎症反応があるためです。

 

以前は病院で腰椎椎間板ヘルニアの施術を簡単な手術だといい、多くの患者が施術を受けていましたが、最近の患者達は前よりもっと賢く、副作用の多い腰椎椎間板ヘルニアの施術や手術、高価な漢方治療を受けようとする人がほとんどいなく、下を参考にして腰椎椎間板ヘルニアの運動治療をするのが主流になっています。

 

腰椎椎間板ヘルニア神経症状は周期性があり、痛みを感じたり感じなかったりしますので、痛みを感じる時はベットの上で安定をし、まだ大丈夫とか痛くないと感じる時は下の腰椎椎間板ヘルニアRX運動をなされば腰椎椎間板ヘルニアがより早く自然治癒、生活完治、再発防止されることでしょう。

 

 

受けてみれば分かると思いますが、腰椎椎間板ヘルニアは薬、漢方薬鍼灸治療、注射、施術、手術で一時的な症状緩和は出来ますが、根本的な腰椎椎間板ヘルニアの完治は難しいので、こういった腰椎椎間板ヘルニアの治療類に費用や時間を無駄遣いしない方がいいです。

 

腰椎椎間板ヘルニアのような脊椎疾患の治療手順は、傾いた建物があるとすれば、まず建物をまっすぐに立てた後、割れた壁を埋め、壊れた窓を入れ替える補修工事をしなければならように、脊柱も傾いた背骨をすぐに立てた後、薬、漢方薬鍼灸治療、注射などで腰椎椎間板ヘルニア治療をしない限り真の治療にならないが、今の病院では、脊柱はすぐ立てないまま、無条件的に薬、針、注射、施術、手術などの腰椎椎間板ヘルニア治療行為は、傾いた建物のまま補修工事をするのと同じように何の効果もなく、むしろ病気をもっと悪化させます。脊柱を日常、職場生活、運動するときにすぐに立ててくれる米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを履くのが腰椎椎間板ヘルニアの治療の第一歩であり、腰椎椎間板ヘルニア完治の近道です。

 

骨盤と脊柱はつながっており、腰椎椎間板ヘルニア神経症状があれば脊柱、骨盤の不均衡状態がひどくなり、これによって腰椎椎間板ヘルニアがもっと悪化されるので脊柱、骨盤矯正を受ければ脊柱、骨盤の均衡がとれて腰椎椎間板ヘルニアが好転することもできますが、


受けて見ればご存じですが、徒手治療や推拿療法では脊柱、骨盤矯正が難しく、その理由は脊柱、骨盤不均衡は横になっているときに発病するのではなく、主に立って、座って、歩くとき発症することで横になって受ける矯正治療はそのときだけで、再不均衡状態に原位置されて時間、コストも非常にかかるのに対し、米国専門処方(RX)シューズジィーコイルは脊柱、骨盤矯正状態などに合わせ履き日常、学校(職場)生活、ウォーキングなどをすると、別途の時間とコストをかけずに立ってまたは歩きながら矯正することで、矯正効果も永続的で、より迅速に脊柱、骨盤が生活矯正され、腰椎椎間板ヘルニアも早く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

 

一般の筋トレ、コア運動をしますと腰椎椎間板ヘルニアがもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので椎間板ヘルニア患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

 

腰椎椎間板ヘルニアの施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から椎間板ヘルニアに手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
代わりに下記を参考にし椎間板ヘルニアをリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。

<腰椎椎間板ヘルニア薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

腰椎椎間板ヘルニアに良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり腰椎椎間板に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が腰椎椎間板ヘルニア自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ、腰椎椎間板ヘルニアがより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

 

体重を半分に減らすように、脊柱への衝撃を50%以上減らしてくれる米国専門処方(RX)シューズジィーコイルが出る前までは水中での歩き運動(アクアフィットネス)は水の浮力を用いて脊柱への衝撃を減らし、治療しましたが、今は水の浮力より何倍も脊柱への衝撃を減らしてくれる米国専門処方(RX)シューズジィーコイルがありますので、面倒なことに水中運動をすることもなく、ただ米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを履いて、日常、仕事(学校)生活、RX歩行などをなされば、 腰椎椎間板ヘルニアにも無理を与えず、脊椎筋肉強化や脊椎関節保護が可能で 腰椎椎間板ヘルニアがよりうまく治療されるような環境を作ってくれ、 腰椎椎間板ヘルニアがより早く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

 

 

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が腰椎椎間板ヘルニアリハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して腰椎椎間板ヘルニアのリハビリは腰椎椎間板ヘルニア患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて腰椎椎間板に無理与えず運動ダイエットもでき、腰椎椎間板ヘルニアもより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?

職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。

 

 

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?腰椎椎間板ヘルニアの原因になり、腰椎椎間板ヘルニアの治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

 

膝の痛み、半月板破裂、切り取り手術、縫い合わせ手術、変形性膝関節症の治療に良いZ-CoiL靴

<膝の痛み、半月板破裂、切り取り手術、縫い合わせ手術、変形性膝関節症、治療、RX歩き運動、Z-CoiL運動靴、リハビリ運動治療、スプリングシューズ>

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

 

            人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

5年前、1月の極めて寒い日に、Hoult様は寒さに負けない程痛い膝で息子さんと一緒に米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の登録点に訪問して切れました。当時、一日中座って仕事をしていたお客様は半月板破裂による半月板手術で縫い合わせ手術と切り取り手術を一緒に受けた状態でした。

 

            <膝の半月板破裂の例示図 イメージ出典:google

 

半月板は三日月の形をした平たい軟骨2つがペアを組んで、膝の骨が会う膝関節の中間地点に位置し、膝関節の衝撃を吸収し、膝の関節運動のとき、安定性を高める役割をしています。膝において重要な働きをする半月板は、それだけに強い衝撃を受けるところでもあります。

 

半月板破裂の原因は、主に膝を使用する運動を激しくしたり、突然の事故に起因し、膝の半月板に無理を与え、損傷させ、破裂してしまいます。

 

しかし、それに限らず、半月板破裂になることもあります。年を取り、膝に退行性変化が進み、変形性膝関節症が進行している中高年層であれば、すでに半月板が長期間にかけて、退行性変化が進んでいるので、大きな衝撃がなくても突然半月板破裂していまう事もあります。

 

Hoult様のように、一日中座って仕事をすると、膝を支える脚の筋肉(主に大腿四頭筋)が弱体化し、歩くたびに筋肉が支えられず、そのまま半月板に衝撃が加わるようになり、半月板が破裂されます。半月板が破裂すると、ほとんどは自己再生が難しく、放置する場合には、半月板が本来の機能を果たせず、膝関節の運動機能を妨げることもあるので、最初から半月板の破裂部位を除去する半月板を切り取り手術や半月板縫い合わせ手術を考慮するようになります。

 

                                     <イメージ出典:healthchosun>

 

お客様は、膝がすでに変形性膝関節症になっている状態で、半月板破裂も重なってしまいました。だから半月板切り取り手術と縫い合わせ手術を受けましたが、半月板手術の後にも歩くたびに、特に階段を登り降りするときや上り坂と下り坂を歩いて行くたびに、膝の痛みが我慢できないほど激しかったのでもう歩くこと自体が嫌になってしまったそうでした。

 

​どのような手術でも同じく、半月板縫い合わせ手術、切り取り手術も手術後のリハビリが必要です。半月板手術後の不安定な半月板が安定的に膝の骨の上に位置し、安着できるように助ける方法は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履き、正しく歩く運動をすることです。

 

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は特別設計されたスプリングを介し、歩行時の衝撃を50%以上軽減させてくれ、歩くたびに膝に加わる衝撃の50%をかかとのスプリングが負担し、膝の炎症が治り、痛みを和らげてくれます。

 

それにスプリングに吸収された50%の衝撃エネルギーが反作用により体を前に後押しする力に変わり、少ない力でも足を踏み出すことができ、はるかに楽に歩くことができます。

 

また、スプリングを踏むときの衝撃吸収性と反作用、同時に筋力運動にもなるので、変形性膝関節症、半月板破裂、手術後の弱体化された膝周辺の筋肉を強化させることにも役立ち、変形性膝関節症の治療、半月板破裂、手術のリハビリにとても役立ちます。

 

 

Hoult様と一緒に来られた息子さんが、お客様の状態を非常に懸念し、変形性膝関節症の治療と半月板破裂、手術などについてあれこれ調べていたら、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の事を知りました。膝の痛みのリハビリに役立つ物なら何でもやってみようと思い、私たちに連絡していただいたおかげで、Hoult様も、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)に出会えたのです。

その日お客様は、お客様だけに合わせてカスタム調整されたいつにでも履きやすいジィーコイルの運動靴を購入しました。

 

 

お客様は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履きながら、最初はゆっくりと言われた通り、歩行運動を30分ごろされたそうでした。徐々に時間を伸ばしながらも、少しでも膝に負担を感じると時間減らし、着実にRX歩行運動を行いました。

そうする内に、段々膝が良くなる事を感じたお客様。歩くたびに膝の痛みが緩和されただけでなく、階段を上り下りしたり、坂道を歩くにしても、以前よりはより楽に動けられたと変形性膝関節症の治療と半月板縫い合わせ手術と切り取り手術のリハビリ運動治療の成功事例を聞かせてくださいました。5年が過ぎた今も、健康のためにもジィーコイルシューズを着実に履かないといけないとジィーコイルの真のファンになってくれました。今後もお客様の膝の健康と変形性膝関節症の完治治療をジィーコイルが応援します!

 

​膝の痛みに苦しんでいたり、変形性膝関節症、半月板破裂、手術の患者なら、色々探して遠回りせず、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履いてみてください。米国の医療保険に適用され、米国の整形外科医が半月板破裂、手術、変形性膝関節症の治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)と一緒に健康を管理しなかったことで、一生後悔することなんてあってはいけないのではありませんか?靴を変えるだけで元気100歳!

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の20年マニアの映画俳優のダスティン・ホフマン

 


米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の20年マニアであるグーグル会長の感謝サイン>

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?筋骨格系疾患の原因になり、筋骨格系疾患の治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

米国専門処方シューズZ-CoiL履いてスーパーで働きながら、腰椎椎間板ヘルニアを克服出来た話!

<腰椎椎間板ヘルニア、脊柱疾患、腰の痛み、脚の痺れ、症状、痛み、予防、治療、完治、歩く運動、リハビリ運動、腰の筋肉強化運動、RX歩き運動、Z-CoiL運動靴、リハビリ運動治療、Z-CoiL靴、スプリングシューズ>

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

 

         人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

世の中には本当に色んな仕事があります。頭をうまく使わないといけない仕事もあり、熟練した技術が必要な仕事もあり、腰をうまく使わないといけない仕事もあります。今日はスーパーで働きながら、腰を屈めることが多いShane様が訪れてくれました。お客様はスーパーで働いているので、商品を整理しながらしゃがんだり、物を運ぶ時、腰を頻繁に使っていました。

 

 

お客様はスーパーで仕事をしながら、長時間腰を使い、重い物を運ぶ過程で腰椎椎間板が少しずつ損傷されました。お客様は結局思い品物もボックスを持ち上げた時、腰に痛みを感じ始めました。最初は単なる筋肉痛だと思っていたお客様は、何日かすると大丈夫だろうと思い、仕事を続けました。しかし、数日過ぎても、腰の痛みはなくならず、脚にもしびれて引っ張る痛みが現れ始めました。もう単なる筋肉痛ではないと思ったお客様は、病院を訪問し、腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けました。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアで病院を訪れたお客様は、腰椎椎間板ヘルニアの注射治療を受けました。お客様は、腰椎椎間板ヘルニアに注射治療を受けてから、しばらくは腰と脚の痛みがなくなりました。しかし、時間がたつにつれ、再び腰椎椎間板ヘルニアによる腰、脚の痛みが出始めました。腰椎椎間板にかかる圧迫を減らし、姿勢を正しくするように言われましたが、仕事を続けなければいけなかったので、それはいう程、簡単ではありませんでした。

 

仕事を続けながら、腰椎椎間板ヘルニアを治せる方法を調べていたお客様は、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の事を見つけました。米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は非常に簡単に脊柱、関節の衝撃を50%減らしてくれ、スプリングヒールが50%以上後押しし、脊柱、骨盤、脚、歩き方の矯正に役立ちます。

 

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履き、腰に加わる衝撃が50%減少したお客様は、しばらくして、脚の痛みが減ることを感じました。お客様は依然と比べてはるかに減少した脚の痛みに満足しました。  

 

しかし、腰椎椎間板ヘルニアによる痛みは時間が経っても完全には消えませんでした。お客様は米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履いていましたが、仕事を続けながら間違った姿勢で椎間板に圧力をかけていました。そのため、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)が腰に加わる衝撃を減らしても腰への圧迫は続いていたので、腰椎椎間板ヘルニアによる痛みが中々なくなりませんでした。

お客様は、お出かけ用でジィーコイルシューズを追加購入しに訪問して以前よりも良くなったが、まだ腰だけは完全に治っていない状況について私たちに相談してきました。

 

 

お客様は、続いて腰に圧迫を加える仕事に努めていました。だからどのような治療をしてもよくならなかったわけです。もちろん、充分休んで運動もできればいいのですが、現実的には難しい場合が多いです。このような場合、仕事中に姿勢を正しく整え、腰を真っ直ぐにすることが重要です。仕事をしていると疲れてしまうので、腰、お腹に力を入れて、腰をまっすぐに維持する事はそう簡単な事ではありません。腰を張れず、背中が屈められていれば、腰椎椎間板に加わる圧力が強くなり、腰椎椎間板ヘルニアが悪化します。このような時には、万歳するなど、ストレッチをすればいいです。

 

 

腰が少し前に出て行くC字になるように万歳をし、肩をより持ち上げ、腹筋、起立筋、お尻の筋肉を緊張させ、骨盤が持ち上げられる感じがするようにします。最初は軽く万歳をし、徐々にCの角度、時間を増やしてあげます。手を下す時はゆっくりとする事をお勧めします。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの患者は、腰を囲んでいる筋肉を強化する必要があります。自然な腰の形であるC字型を維持するためです。自然なC字型にならなければ、腰椎椎間板に加わる圧力も軽減しません。

 

筋力を使うことは大変で疲れる事です。なので、腰椎椎間板ヘルニアの患者は、筋肉の量も重要ですが、持久力も重要です。腹筋、起立筋などの持久力を強化し、腰がC字型を長い時間維持できるように、度々に万歳運動をしてくれるといいでしょう。

 

 

冬のお出かけ用靴を再購入したお客様は、常に姿勢を正しくするべきだという事と万歳運動をすることを頭の中で繰り返しながら日常生活に戻りました。

 

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)のマニア、グーグル共同設立者セルゲイ・ブリン、映画俳優のダスティン・ホフマン、ヘレナボンヘムカーター、シャーリーメククルレイン、リリィ・トムリン>

 

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?筋骨格系疾患の原因になり、筋骨格系疾患の治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

足底筋膜炎ですが、整形外科で注射してもらえますか。

<足底筋膜炎 薬、注射、施術、体外衝撃波、マッサージ、カスタマイズインソール 副作用なしで 自然治癒、生活完治、再発防止 治療法 足底筋膜炎シューズ> 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

<質問、Question>

足底筋膜炎ですが、整形外科で注射してもらえますか。

 

<回答、Answer>

人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

足底筋膜炎に打つ注射はステロイド注射で、打つと足底筋膜が溶けるという報告もあるので、注意が必要です。

 

 

世界的な足底筋膜炎(足底腱膜炎)がの自己リハビリシューズであり、追加費用なしに足底筋膜炎カスタムインソールが基本的に内蔵されて提供される米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタム調整して履けば、別途の病院治療などせずに、日常、職場生活の中で足底筋膜炎が早く自己治療、生活完治されます。

下の足底筋膜炎(足底腱膜炎)の自己リハビリ治療に良い食べ物、良いRX運動、ストレッチ、楽な靴(靴、運動靴、登山靴、安全靴、上履き、サンダル、ブーツ、ウォーカーブーツ、軍靴など)を参照し、足底筋膜炎のリハビリ治療すれば、足底筋膜炎がより簡単に、より早く生活完治され、足底筋膜炎が再発されることはありません。

足底筋膜炎の自己リハビリ治療の世界的な名医中の名医で足底筋膜炎シューズである米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを履けば、仕事も非常に楽で足底筋膜炎も早く生活完治され、あれこれ言う事もなく、履いてみると効果をすぐに分かることができます。つまり、「百問は試着に如かず」です。


米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が足底筋膜炎リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイルが出る前は、足底筋膜炎には完治というのがないという人が多くて、再発可能性もとても高い方でしたが、

足底筋膜炎が再発しないように(再発防止)して完治できるいい治療法は、非常に簡単に米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が足底筋膜炎リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを日常、職場生活の中で履くことです。

足底筋膜炎治療や偏平足矯正に硬い靴や硬いカスタムインソールを作る人々が見落としているのは、実際にそれらの多くは、米国専門処方(RX)シューズジィーコイルの整形外科インソール一部をコピーして硬く作っていますが、それと同伴されるべきことは必ず衝撃吸収を50%以上にするヒールが存在しないとなりません。

簡単に申し上げますと足底筋膜炎治療や扁平足矯正をすると言いながら、扁平足矯正もできないし、副作用で足底筋、足首、膝の関節を全部壊してしまうでたらめ靴、カスタムインソールは買わない、使わないべきです。

受けてみればわかると思いますが、足底筋膜炎は病院治療、薬、漢方薬鍼灸治療、注射、体外衝撃波、マッサージ、カスタマイズインソールで完治できる病気ではないのでこういう治療にお金や時間を無駄遣いしない方がいいです。代わりに

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が足底筋膜炎リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活、歩き運動すると足底筋膜炎が病院治療なしでもより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

足底筋膜炎は約2〜3週間程度仕事や運動などをせず、安静すれば簡単に好転できるということを皆が知っているのですが、現実的それが不可能で足底筋膜炎が再発を繰り返しているので、これを考え最も簡単でお金、時間かけず、副作用、後遺症なし、日常、職場生活の中で簡単で良い足底筋膜炎リハビリ完治方法が下記のようにありますが、ほとんどの人は病院、漢方病院でやれることは全部やって苦労した後、最後に米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを選択する場合があり、非常に残念で「あ、なぜ私はもっと早くこのような方法を知らなかったんだろう」という方がほとんどです。

<足底筋膜炎薬、注射、施術、体外衝撃波、マッサージ、カスタマイズインソール副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

足底筋膜炎に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されて、ギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように足の裏にかかる衝撃を50%少なくしてくれ,スプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり足底筋膜炎に無理を与えず歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて足首、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が足底筋膜炎自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ足底筋膜炎がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が足底筋膜炎リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して足底筋膜炎のリハビリは足底筋膜炎患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX足拍手、RX足グーパー、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で足首、下半身の筋肉も強化されて足底筋膜炎に無理与えず運動ダイエットもでき、足底筋膜炎もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。

 

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?足底筋膜炎の原因になり、足底筋膜炎の治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

米国専門処方(RX)シューズ ジィーコイル お気になりでしょうか?

Z-CoiL shoes manufacturer, distributor and sale store (ジィーコイル製造, 融通, 販売店

www.zcoil.jp   LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断&購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 

 - 脊柱疾患類-自己リハビリ治療、運動治療、顧客が直接書いた成功後期(一千件以上):
X-Ray、CT、MRI、自己診断で診断された腰椎椎間板ヘルニア(HNP, HIVD)、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、髄核ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎分離症、脊椎圧迫骨折、脊椎固定術、仙腸関節炎、梨状筋症候群、強直性脊椎炎に起因する腰、お尻、脚、足、足の指の痛み、しびれ、腰痛、下肢放射痛の症状を非手術治療、プロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、施術、手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、ヨガ、ピラティス、マッサージなしにリハビリ治療した後期

 - 膝疾患類
変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯破裂手術(再建手術)、O脚、X脚(骨切り手術)による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、半月板縫合手術、内視鏡手術、人工関節手術(膝の人工関節置換術)せずに自己リハビリ運動治療、手術後のリハビリ完治した後期

 - 足部疾患類
足底筋膜炎、足底腱膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足、足裏のタコ、足裏の魚の目による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、薬、漢方薬鍼灸治療、蜂針、薬針、ステロイド注射なしに自己リハビリ運動治療、矯正治療した後期

 - その他の疾患類
股関節大腿骨頭壊死症、人工股関節手術(置換術)、股関節症、骨盤ズレ(非対称、不均衡)、脚の長さの違いは、関節リウマチ、変形性足関節症、足首の靱帯再建術、下肢静脈瘤骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、人工股関節置換術なしに自己にリハビリ運動治療、矯正治療、各種癌の手術後のリハビリ運動後期

 - 肥満ダイエット献立、ウォーキングなどの運動ダイエット類
肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りを薬、注射、サプリメント、手術、リバウンドなくダイエット成功した後期
 
 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。

【脊椎管狭窄症、足底筋膜炎、変形性膝関節症、腰椎椎間板ヘルニア、米国専門処方RXシューズジィーコイル 体験談85】

人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

f:id:Z-CoiL:20200414124605j:plain

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

youtu.be

体験談1.

足底筋膜炎初期です。

足の裏が痛いけど、死ぬほど痛いわけではないので、我慢してきました。

しかし、友人から足底筋膜炎は初期の段階できちんと管理しないとすぐ悪化するって聞いて怖くなりました。

実際私の友人は長年足底筋膜炎で苦労してきました。

しかし、彼女は足底筋膜炎治療に成功しました。

その理由を聞いてみたら、意外と靴の話をしました。

米国専門処方ジィーコイルシューズでした。

整形外科ミッドインソールが足が動かないようフィットさせ、専用スプリングが足の裏への衝撃、刺激を遮断してくれるのです。

この完璧な構造で足底筋膜炎が再発なく、自然治癒されるよう促すのです。

足底筋膜炎初期であった私は米国専門処方ジィーコイルシューズ履いて、足底筋膜炎治療に成功しました。

足底筋膜炎治療はこういう方法もありましたね。

体験談2.

膝が痛かったので、変形性膝関節症かと思い、病院で検査してみたら幸いまだ変形性膝関節症ではなかったです。

しかし、医師からこのままでは変形性膝関節症なるので、日頃膝への負担のない生活をすることを言われました。

膝への負担のない生活をするため何をすればいいのか医師に聞いてみたら、教えてもらったのが、米国専門処方ジィーコイルシューズでした。

靴で膝を守ってくれるのと思いましたが、今はこの靴が私の膝を守っています。

米国専門処方ジィーコイルシューズを履くと、まず正しい姿勢で歩くことができます。また、いくら歩いてもスプリングクッションが膝への負担を半減しますので、膝が痛くないです。

最後にまるで砂場であるくように脚、腰への筋肉運動効果が抜群であり、筋肉もすぐできました。

もうこの時点で一度は履いても絶対損はないとおもいますね。

f:id:Z-CoiL:20190517143153p:plain

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?肥満の原因になり、肥満の治療を妨害するあくどい靴>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!



上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア骨粗しょう症リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツチェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。