腰椎椎間板ヘルニの日常生活での自然治療法

 

 

 

<腰椎椎間板ヘルニア 薬 注射 施術 手術 副作用なしで 自然治癒 生活完治 再発防止 治療法>

 

腰椎椎間板ヘルニア治療の基本中の基本は腰への衝撃最小化(腰への衝撃が少なくなるほど痛くならないということは真実であります)、正しい姿勢、正しい歩き方です。いくら良い治療を受けたとしても日常生活の中で、この基本を維持できなければ再発してしまいます。基本を充実に守れば腰椎椎間板ヘルニアは簡単に治ることができます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの進行順序は

膨隆椎間板(bulging)- 突出椎間板(protrusion)- 脱出椎間板(extrusion)- 遊離椎間板(sequestration)の順になります。つまり、膨らんで、突き出して、脱出し、切断される順です。

(出所:Google イメージ検索)

 

 

針、徒手治療、理学治療の根幹は脊椎の不均衡矯正、脊椎周囲の腹直筋、腸腰筋、起立筋やその関連

靭帯の左、右不均衡状態が原因となった脊椎管狭窄症、脊椎分離症、すべり症、椎間板ヘルニアなどを上記の筋肉、靭帯、神経の均衡状態に戻す治療法であり、神経治療、レーザー施術などは、癒着した神経分離、部分麻酔、椎間板髄核の調節、椎間板部分切除に関連した治療法です。開腹、癒合手術などは最後の手段として大小便に障害が発生する程度の場合検討するのが医療先進国の一般的な医療常識です。

 

腰椎椎間板ヘルニア徒手治療や針などの漢方治療をしようとすると、約6ヶ月以上の治療が必要で費用すごく高くなります。まだ病院での軽い施術や手術を受けようとしても多額の費用が掛かって、リハビリにも6っか月以上の結構な時間が必要となります。

 

このような治療法を自分に合わせて選択し、治療すればいいのですが、時間とお金がかかり、再発可能性や副作用などがある場合もあり、治療の結果については誰も責任を取ってくれないのが現実ですので、治療法の選択に非常に慎重にならなければなりません。

 

腰椎椎間板ヘルニアは慢性疾患の一つであり、痛みのサイクル性もありますので(痛かったり痛くなかったりするので気が短い方は我慢できずに手術を決定してしまう場合がある)腰椎椎間板ヘルニアの克服は自分の忍耐との戦いです。

最も賢明な腰椎椎間板ヘルニアの日常生活での自然治療法は、

つまり、お金もかけず、簡単で、長期的に一番効果の良い腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ、治療法は暇が出る次第空を見上げて万歳する習慣を持ち(例えば、ドアを通って行くたびに万歳をするなど。ストレッチが複雑すぎると習慣化されにくい)、副作用、後遺症の心配が全くなく、腰への衝撃の最小化、姿勢矯正、歩き方矯正ができる米国専門処方(RX)シューズジィーコイルを履いて着実に平地で歩行運動で骨粗鬆症の予防、姿勢、歩行矯正、腰の筋肉を強化するとすぐに良くなります。

 

 

米国専門処方(RX)シューズ ジィーコイル お気になりでしょうか?
www.zcoil.jp